警備の正社員求人

正社員求人TOP >> 業界別の正社員求人探し >> 警備の正社員求人

警備の正社員求人

警備業界の正社員求人は、非常に定期的に見られる求人であり、安定している業界のひとつでもあると言えます。景気なんてものには、あまり左右されないような業界ですから、将来に不安があるということもないでしょう。

警備の仕事というものは、人々の暮らしの安全であったり、安心というものに直接関係のある社会的な責任の重い業種であるとも言えるでしょう。警備会社というものは、人や団体など警備を受けたいと思っている顧客と契約を交わし、顧客にとって大事な生命であったり、肉体、財産などが侵害されないように、事件や事故を未然に防ぐことを生業としている仕事です。

また依頼された場合のみではなく、災害時支援協定というものを結んでいるため、大規模な災害などが起こった場合には、警察や警備業者との協定によって、交通誘導や避難所などの警備にあたるという役割もになっているのです。

警備の仕事というものは、大きく4つに分けることができます。まずは、1号警備と呼ばれるもので、ビルや一般住宅、遊園地などのアミューズメントパークや、駐車場などの設備警備業務がこれにあたります。次に2号警備と呼ばれている、交通誘導警備業務です。これは雑踏警備と呼ばれていて、工事現場などでの誘導警備や、祭礼やイベントなどの大勢の人手なんてものが予測できるような場所での誘導警備業務がこれにあたります。そして3号警備と呼ばれている現金や貴重品や核燃料等の運搬における警備業務。さらには4号警備と呼ばれている身辺警護というものが存在します。

警備業界の正社員になるためには、警備会社に入社をし、法令で定められた教育というものを受ければ、誰にでもなることができます。未経験者というものでも、この教育を受ければ、警備員として働くことが可能ですから、そのほかの業界の専門職と比較して、比較的に実現させやすいと言えるのです。警備業務の基本原則であったり、警備業法などの法令や、応急処置や初期消火、護身の方法など教育範囲は多岐に渡りますから、これを受ければ警備員としての基本は身につけることができます。

あとは現場経験というものを重ねていくことで、どんどんと警備員としてのスキルは上がっていくことになるでしょう。警備員の国家検定資格というものは存在しますが、必須で取得している必要はなく、誰にでも警備業界に正社員として入社することは可能です。しかし、普通免許が必須条件のところも多いので、車の免許は持っていて欲しいところですね。


Copyright (C) 2013-2018 正社員に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.