出版の正社員求人

正社員求人TOP >> 業界別の正社員求人探し >> 出版の正社員求人

出版の正社員求人

出版業界の求人は、そのほかの業界と比較すると、そこまで多くはないというのが現状でしょう。さまざまなメディアのデジタル化により、かなりその煽りを受けている状態なのです。ですから、基本的に限られた少数精鋭という形で運営している企業が多く、かなり転職には厳しい業界でもあると言われています。

出版業界といっても、WEB部門であったり、広告部門や、雑誌部門などさまざまな分野に分けることができます。いずれの職種に関しても、制作スキルがあったり、企画力が物をいったり、情報収集のノウハウを知っていたり、発想力というものが必要であったり、管理能力を求められることもあるでしょう。そして何よりも大事なのは、コミュニケーション能力というものです。

自分のセンスというものを遺憾なく発揮し、それが紙面を飾り、多くの人間の目に留まるということは、この上ない充実感を味わうことができる、非常にやり甲斐のある仕事ではあるものの、その一方で、クライアントの要求には絶対に応えなければならないし、納期というものが設定されているため、それに間に合わせるためには、残業や休日出勤も厭わないというような状況に立たされるのは当然の業界なのです。

出版業界の給与の相場としては、平均で20代では400万円前後、才能などがあり稼いでいるような人間であれば、1000万円前後の年収が期待できます。また30代前半であれば、400万円代後半が相場であり、稼いでいる人間であれば、1000万円前後の収入が見込めます。30代後半以降もさほど年収に差というものはなく、もらっていて500万円前後といったところです。頭打ちが1000万円というような業界だと言えるでしょう。

そして出版業界に転職するのに役立つ資格としては、以下のようなものがあります。DTP検定や校正技能試験、日本語文章能力検定、色彩検定、カラーコーディネーター検定などです。こういった資格を有していると、出版業界への転職もある程度に明るくなるでしょう。ただし、やはり経験値が物を言う業界であることに変わりはありませんから、資格を多数に保有していても、経験者と比較すると、かなり見劣りしてしまうのは致し方ないことだと言えるでしょう。

また採用の際には、自分の作品であるポートフォリオを求められることがほとんどです。独学でもいいので、ある程度の作品というものは、作っておいた方が無難だと言えるでしょうね。こういった出版業界特有の転職方法をしっかりと覚えておきましょう。


Copyright (C) 2013-2018 正社員に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.