エネルギーの正社員求人

正社員求人TOP >> 業界別の正社員求人探し >> エネルギーの正社員求人

エネルギーの正社員求人

エネルギー業界といっても、その定義づけは難しいところですが、原子力発電所の建設等を行う業種や、ソーラーシステムなどのサービスを販売しているような業種というものは抜きにして、ここでは、電力とガス、石油などを扱っている業界をエネルギー業界と位置づけて、求人事情を紹介していきたいと思います。

まずは電力会社の求人です。不景気であっても、さまざまな不祥事というものが発覚しても、安定的な収益基盤を持っている企業であるため、ザム上は優良企業扱いを受ける企業が多いという特徴を持っています。ですから、それに携わるさまざまな職種において、一定の求人数をずっと変わらずにキープしている状況だと言えるでしょう。また省エネが進み、日本国内の需要は減っていく傾向が見られますが、電気自動車や、クリーン開発メカニズム、またスマートグリットなどに参加することによって、次世代の収益源というものを確保しており、これからも変わらず求人は一定数見込める業界だと言えるでしょう。

次にガスです。電力と同じように、安定的な収益基盤を持っている企業が多いため、優良企業扱いをされているところがほとんどです。電力と比べると市場規模は小さくなりますが、求人数は一定数出ているというのが現状です。天然ガスはco2の排出量が少ないため販売量が増えている傾向が見られ、当然にそれに伴う求人も増加傾向に見られます。ただし、家庭用の販売数は、オール電化の傾向が見られるために、減少傾向にあるという特徴も持っています。こういったところを見てみると、家庭向けの小規模な企業よりも、大手の企業に転職をする方が、将来が明るいという状況にあると言えるでしょう。

そして石油関連です。世界の需要を見てみると、インドや中国を中心に増加傾向にありますが、国内での需要は減退傾向にあります。大手各社ともに、次世代エネルギー開発に力を入れているため、エンジニア職や開発職を中心に需要は高まっていると言えるでしょう。

どの企業も、大手と呼ばれるところに転職することができれば、さまざまな分野で活躍をすることが期待できる業界です。また日本国内でなく、グローバルに活躍できる業界でもあるでしょう。こういったことから、エネルギー業界というのは、仕事にやりがいや魅力というものを感じることが多く、どの業界も離職率が低いという特徴があります。転職が少ない業界ですから、最初に入る転職先というものをじっくりと調べ、ターゲットを明確に絞るということが大事になってくるのです。


Copyright (C) 2013-2018 正社員に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.